プラズマローゲン

プラズマローゲンとはそもそもどのような特徴が見受けられるのでしょう? プラズマローゲンが今注目されているワケとは? プラズマローゲンを取り巻く未来予想図。日本は高齢化社会を超越して、今や超高齢社会になっていることからも、今後ますます認知症の予防を望まれる方は増加傾向になることでしょう。ご自身が年齢を重ねていくうちに、認知症の予防としてプラズマローゲンをサプリメントで補っていくことをお考えの方もおられるでしょうし、ご家族の方がご両親のこれから先の認知症の予防のために、プラズマローゲンのサプリメントを

プラズマローゲンと認知症予防

プラズマローゲンとは人間等の体内に広く分布している「リン脂質」の一種です。
そもそも、このリン脂質の一種であるプラズマローゲンがクローズアップされている背景には次のような事柄が大きく影響しています。

じつは、プラズマローゲンはアルツハイマー病の患者にとって非常に重要な役目を担っていることがアメリカにおける研究で判明しています。

どういうことかと申しますと、アルツハイマー病の患者の特徴のひとつとして、脳・血液においてプラズマローゲンが減少することが明らかになったためです。

つまり、減少しているプラズマローゲンをサプリメント等で体内に取り入れることによって認知症の予防として期待されています。

在宅介護サービスについてですが、色々な種類の在宅介護サービスが存在しています。まず一つ目としては訪問介護があります。これはホームヘルプサービスなのですが、ホームヘルパーさんが、自宅を訪問して、食事の介護や入浴、排せつなどの身体介護をしてくれますし、生活援助として、買い物をしたり、ご飯を作ったり、掃除をしてくれます。生活援助は、1時間半という時間が決められているので、それ以上利用することは不可能です。
そして在宅介護サービスとしては、訪問入浴介護があります。これは浴槽が載っている入浴車で、訪問して入浴介護をしてくれるというサービスです。看護職員と、介護職員の合計3人が家に来て、入浴介助をした場合には、サービス料金は12500円なのですが、利用者が負担するのは1割ということですから、1250円で利用することが出来ます。
他にも通所介護と言ってデイサービスというサービスがあります。デイサービスに通って食事の介護、排せつの介護、そして入浴の介護や、リハビリ機能訓練などを行うという仕事です 。
他にも短期入所生活介護というショートステイというのもあります。これは家で介護することが、一時的に困難になった場合に、介護老人福祉施設に短期間だけ入所をして、食事の介護や入浴の介護、そして日常生活の介護などを受けるということになります。
訪問看護と言って病院、診療所、訪問看護ステーションにいる看護師などが、自宅に来てくれて、健康状態の確認や管理、アドバイス、寝たきりのリハビリ、処置などを行うというサービスもあります。

ページ上部へ戻る